ウーマン

福岡の美容外科で美しく痩せよう!美容整形のいろは

  1. ホーム
  2. 脂肪吸引の流れと注意とは

脂肪吸引の流れと注意とは

女の人

脂肪吸引の流れを知る

「自分でのダイエットは無理!きれいに痩せられるなら脂肪吸引がいい」と決めたら、施術の流れを確認しましょう。脂肪吸引を実際に受ける際の流れを把握することで、実際に受ける際やカウンセリングでの説明の際に、慌てずに済みます。ある程度の流れが分かっていると、カウンセリングでの質問がしやすいですよ。基本的な流れを頭に入れて、まずは福岡の美容整形外科クリニックにて予約やカウンセリングから行なってみましょう。

カウンセリングが第一歩

まずは福岡の美容整外科形クリニックのいくつかに目星をつけます。最初は施術内容や、アクセスのしやすさから選んでも構いません。日程調整してカウンセリングを受けます。その後、同じように予約と日程調整を行なって、アクセス可能地域周辺にある福岡の美容整形外科クリニックのカウンセリングを受けてまわります。なぜかというと、美容整形は自由診療で価格が美容整形外科クリニックごとにも違い、施術内容にも違いがあります。より良い美容整形外科を福岡から探すことで、自分にとって最良のプランを選択することができるのです。医師との相性もあるので、しっかりカウンセリングを受けていきましょう。アクセス・施術内容・料金・医師との関係性・アフターケア・デメリットやダウンタイムに納得できたら、施術を受ける旨希望して、注意や説明を受けます。

施術前・当日の流れ

脂肪吸引の場合は、前日に食事やアルコールなどについて制約があります。まず、アルコールの摂取を行なうと、肝臓への負担がかかります。これにより、術後の麻酔薬の分解以上など問題が起きることがあるのでお酒は飲まないようにした方が良いでしょう。次に食事は、術前6時間前までに済ませますが、それまでに出血に備えて体調を整え、血を作る食事を積極的に摂るようにしましょう。風邪や睡眠不足など体調に問題があると術後の経過などに影響が起きます。体調が万全になるよう調整したら、当日は遅れずに美容整形外科クリニックに向かいましょう。到着後は、脂肪溶解注射と麻酔(チューメセント法)を受け、脂肪吸引を開始します。カニューレという器具で脂肪が取り除かれ、表面の調整、縫合が行なわれます。

術後とアフターケア

施術後は、マッサージを受けて、圧迫下着で、隙間が空いた脂肪を圧迫してきゅっとまとめます。隙間がへり、施術場所が引き締まります。施術後は腫れや赤み、むくみが起きます。しばらく続くので適切なケアを指示通りに行なうようにしましょう。術後すぐはゆっくりと休めるように回復室に案内されます。回復室では急ぐ必要はなくゆっくり休むことができますよ。麻酔が切れると痛みがでますが、痛み止めを処方してもらえるので、痛みを感じる時には素直に相談しましょう。痛み止めの点滴など、対応してもらえます。この時、着用させられる圧迫下着は次の来院時まではそのまま着用を必要とします。術後は患部を濡らさないため、お風呂やシャワーに制限がかかることがあるので、汗ふきシートなどを準備しておくと良いでしょう。

まとめ

大まかな流れは予約・カウンセリング→前日は体調調整→当日に施術と術後のケア→後日に圧迫下着を外して経過観察、異常がなければ痛み止めの処方や、むくみの対処などアフターケアを続けるような案内になります。術後の注意としては、シャワーは傷口を濡らさないように注意すれば施術当日からでも浴びることが可能です。しかし、湯船には術後1週間までは入らないようにしましょう。お酒も術後1週間程度は控えることで腫れやダウンタイムの症状を悪化させずに済みますよ。